貸し会議室で面接を行う場合便利な点、メリットは?

貸会議室

人材確保の場として欠かせない面接、中には多くの人材が集まり自社の一室での面接はスペースの都合で不可能の場合もあります。

ですが貸し会議室のようにスペースを借りてそこで行うことで多くの方を一度に受け入れ、また席数も十分なので集団面接も机でブロック分けし一度に行うなども可能となっております。

また貸し会議室で面接を行うときの懸念として挙げられるのが面接の時点で自社の雰囲気が伝わらないなどですが、最初に会社概要や業務内容などを説明するときに貸し会議室であれば映像設備や音響設備が整い、また部屋の広さに応じた大きさのスクリーンをもともと備え付けられていますので面接会場での会社概要などの説明をそれら設備を使って行うことができます。

会社概要、業務内容を映像化して見てもらうのは口頭で説明するよりも伝わりやすくなっていますので、効率的な説明方法ともいえるでしょう。

実際社内を見てもらうほうが勿論雰囲気としてはわかりやすいかもしれませんが、スペースの都合で自社の一室を利用できず貸し会議室を利用したとしてもこれら設備を利用して説明などに当たれるという利点があります。

映像などを用意してそれを説明に用いれば社内に直接きていただくのと変わらないくらいにしっかり自社説明を行えます。

また面接となるとあらゆる地域からお応募者が訪れる場合もあります。あくまでそのときは個人できていただくことになりますので、できるだけアクセス良好なところに面接会場を設置したいものです。

面接にきてもらうにもあまりに交通アクセスが悪いところですとまず面接に来るだけでハードルが上がってしまいます。

面接に来やすい場所に面接会場を置くというのも大切なことで、貸し会議室は駅至近に構えられていることが殆どのためその点もクリアしています。

また今面接もさまざまなスタイルがあり、面接の時点で企業説明などを行い一室で集団面接を行う場合や、また順番に室内に招いて一人ずつ面接を行う場合もあります。

貸し会議室ですとこうした面接方法によってレイアウトや広さを自由に選択していただけるようになっており、また一人ずつの面接で自社ですと待合室が設けられない場合でも貸し会議室ですと待機時間に過ごしてもらうスペースも同時に設けることができるなど融通がききます。

面接で貸し会議室を行う場合、応募人数によって適切な部屋を借りられる、駅至近に貸し会議室を借りられますので電車でくる応募者の方にも負担が少ない、同時に企業説明をする場合備え付けのスクリーンを利用するなどしてより説明のしやすい環境にできるなど様々なメリットが挙げられます。

面接は人材を企業が採用するだけの場ではなく、応募者側も企業の雰囲気を見る場です。

自社の一室を使うのではなく貸し会議室を使うという点は事前に応募者側へと伝える必要はありますが、貸し会議室の設備を使い自社の雰囲気をよりわかりやすく説明するなどして雰囲気を伝えることができますので、貸し会議室は面接でも適した場です。

ガラスの壁の貸会議室

面接は企業によってまったく異なり、一人に一人の面接官が付くスタイルもあれば一人の面接官が順番に複数の面接者に質疑応答するスタイルなどもあります。

やはり企業側が大規模な募集をかけている場合などは時間的コストも抑えるために集団面接を行うときがあるのですが、このときにスペースを用意できるかという点が最も大きな課題となります。

やはり自社内で行うほうが間違いなく社内の雰囲気は直接伝わりますし、本社での勤務の場合これから働く職場に招くというのは応募者側にとってもよいことです。ですが集団面接が必要な大人数を招いての場合どうしても自社内では通常業務もありスペースを設けることができないということももちろんあります。

小分けにして時間を調整し、面接を行うのも一つの手ではありますがそれでは面接のために面接官を担当する社員が丸一日、場合によっては日をまたいで面接に時間を割かなければならない場合もあります。

またその後採用の連絡なども行うことを考えれば、できるだけ一つ一つの業務を短時間で効率的に終わらせ、面接以外の通常業務に速やかに戻れるようにするのが理想的です。

決められた時間でその時間内で採用面接を行うためにはその時間に面接官の人材を複数人投入し、応募者全員を同じ部屋で面接するという形式をとる機会も多くなっており、その場合やはり必要なのは応募者全員を収容できるスペースと同時に椅子や机などを設営できるスペースです。

これらをいざ自社で用意するとなると、コストがかかってしまいます。

ですが貸し会議室を利用することでこのときかかる不透明なコストがすべて時間貸し料金となって明確となります。また貸し会議室によっては設営から原状復帰まで無料で行ってくれるところもあり、面接終了後面接官で会場を片づけるなどの手間もなく、スムーズに通常業務や採用についての会議などを行うことができます。

貸し会議室を借りるのは時間的コストや予算の負担をぐっと抑えることができるサービスであり、いま大規模な採用面接を行うとき貸し会議室を利用し面接を行う企業も増えてきています。

レイアウトに関しても設営から行ってくれるため会場をおさえる段階でどういった面接を行うかなどの旨を会場側に伝えておくことで、当日企業側が設営などを行うことなくスムーズに面接を行うことができるようになっています。

設営も踏まえて早めの会場入りをする必要がありませんので面接官を担当する社員の負担も結果的に減らせます。

窓の大きな貸会議室

レイアウトの変更に融通がきくということは、その部屋の中で採用面接だけではなく筆記試験なども行いたい、そんな場合もレイアウト変更によって両方を滞りなく行えるということです。

また大人数の面接が予想されるため集団面接以外できない、というわけでもなく仕切りで仕切って個別に面談できるようスペースを作ることももちろんできます。

広い面接用の会場をおさえてあとはレイアウトでより面接、試験を行いやすいようにするなどもできますので、一つの広い会議室を借りてそこですべて完結させることができる、そんな使い方もできるのです。

場所によっては100人以上を余裕をもって収容できるそんな会議室もあります。レイアウト次第であらゆる使い方に対応できるようになっており、また室内の設営なども基本会場側に任せることもできるので面接官としてきている社員の負担少なくすることができるようになっています。

待合室の確保、大人数の収容、大規模な採用面接の時に欲しいスペースが一室で全て取れるようになっているのが貸し会議室のメリットです。

また大人数を想定した採用面接の例だけではなく、もちろん少人数の面接にも対応しています。

少人数の場合自社での面接を考える場合も多いものですが、待ち時間を過ごしてもらうスペースの確保などが難しい場合もあります。

貸し会議室はビルの一室のため、貸し会議室の外にも利用できるスペースもあります。

複数人を個人面接する際に待っていただけるよう廊下に簡単なソファが設置されているなどの場合もありますので利用目的である面接以外の部分にも配慮されているのです。

貸し会議室は臨時でのスペース確保として気軽に利用できるものです、貸し会議室特有のメリットが採用面接時にも役立つものが多いので現在需要を伸ばしています。